2008年05月21日

★ベルサイユのバラ★梨花★空気清浄機

☆5月21日☆

◆今日は何の日?◆


「ベルサイユのバラ」が連載開始
(1972)


ベルサイユのバラ
images1].jpg

引用開始〜
『ベルサイユのばら』は池田理代子の漫画作品。通称「ベルばら」。フランス革命前から革命前期を舞台に、近衛将校である男装の麗人オスカルとフランス王妃マリー・アントワネットらの人生を描く、史実を基にしたフィクション作品。ベルサイユとはヴェルサイユ宮殿のこと。

あらすじ:
1755年12月25日、フランス王国の軍人貴族であるジャルジェ家に1人の女児が生まれた。当主であるレニエ・ド・ジャルジェ将軍には5人の娘がいたが家督を相続すべき息子を持っておらず、その誕生を心待ちにしていたが、またもや生まれたのは女児であり、将軍は、姉妹の中で一番美しく生まれた彼女に「オスカル・フランソワ」という男性名を付け、息子として育てて後継者とすることにした。オスカルは以後、男性として、また、軍人として厳しく育てられることとなる。同年11月2日、後にフランス国王ルイ16世の王妃となるオーストリア皇女マリー・アントワネット・ジョセファ・ジャンヌ・ド・ロレーヌ・オートリッシュがオーストリア女帝マリア・テレジアとその夫神聖ローマ皇帝フランツ1世の11女としてウィーンに生まれる。アントワネットはウィーン・シェーンブルン宮殿において兄姉と共にのびのびとした子供時代を過ごした。当時のオーストリアは、伝統的な外交関係を転換してフランスとの同盟関係を深めようとしており、その一環として母マリア・テレジアは、アントワネットとフランス国王ルイ15世の孫ルイ・オーギュスト(のちのルイ16世)との政略結婚を画策していた。1770年5月16日、アントワネットと王太子となっていたルイとの結婚式がヴェルサイユ宮殿にて挙行され、彼女はフランス王太子妃となった。このとき近衛連隊長付大尉となっていたオスカル・フランソワと出会う。オスカルの美貌と誠実さを好ましく思ったアントワネットは、以後オスカルを心を許した忠臣として寵愛する。
1774年5月10日、ルイ15世が天然痘で死去。アントワネットの夫である王太子ルイが即位してルイ16世となり、彼女はフランス王妃となる。アントワネットの推挙によりオスカルも若くして近衛連隊長に、階級も大尉から一気には大佐となる。
オスカルはそれをかさに着ることなく、アントワネットに良い王妃となるよう度々進言するが、アントワネットはオスカルの言葉の真意を理解することが出来ず、「自分が幸せであれば国民も幸せである」と考え、国民の税金を自らの奢侈な服飾品や賭博、気に入りの取り巻きであるポリニャック伯夫人への著しい財政の援助等につぎこみ、、王妃の浪費は国家財政を圧迫するようになる。しかしそれは異国の宮廷で衆人環視の中独りぼっちであり、夫ルイ16世の身体上欠陥から母になることもできないアントワネットの寂しさが原因であり、それを知るオスカルは苦悩する。
そんな折、アントワネットが王太子妃時代に知り合い、ひそかに想い合っていたスウェーデン貴族フェルゼンがアメリカ独立戦争より帰還。彼は以後、アントワネットの傍らに寄り添うようになる。オスカルも人知れずフェルゼンの事を愛していたが、アントワネットとフェルゼンが愛し合っており、更には秘めた想いをフェルゼン本人に悟られてしまった事から身をひく。そして、自分を幼い時からずっと見守ってきてくれた幼馴染で従卒のアンドレ・グランディエが自分に寄せている愛に気づくようになり、次第に彼に心惹かれていく。一方、ロベスピエールやミラボー伯など進歩的政治家らに接し、さらに民衆の窮乏を自分の目で確かめたオスカルは、次第に貴族中心の社会に疑問を持つようになる。そのころパリでは、苦しい生活に耐えかねた民衆がアントワネットや彼女の取り巻きの貴族たちに憎悪を向けるようになるが、彼女は自分に向けられた民衆の目が厳しいものになっていることを手遅れになるまで気づかなかった。
そんな不穏な情勢の中、オスカルはアンドレと愛し合うようになるが、歴史の流れは、オスカルとアンドレ、そしてアントワネットとフェルゼンを過酷な運命へと巻き込んでいく……。

〜引用終了

◆今日の誕生日の有名人◆

梨花【タレント】    1973年5月21日
久留須 ゆみ【タレント】1976年5月21日


◆今日の一品◆

USB接続で、空気清浄ぴかぴか(新しい)




<定価:2000円 → 980円!!
●コンピュータのUSBポートに接続、外接電源が必要ありません●USBポートがある全ての電子機器に対応●マイナスイオンを発生させパソコンの周りの空気をきれいにします●空気中の粉塵や細菌、タバコの煙、ペットのにおいなどに効果的です




posted by あらもーど at 06:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月20日

★石川遼★王貞治★空気清浄機

☆5月20日☆

◆今日は何の日?◆


ハニカミ王子誕生!ゴルフの石川遼が
世界最年少でツアー優勝
(2007)


石川遼
1973[1].jpg

引用開始〜
石川 遼(いしかわ りょう、1991年9月17日 - )は、埼玉県松伏町出身のプロゴルファー。身長173cm(2008年3月15日現在)。杉並学院高等学校在学
中。6歳の頃、父に連れられてゴルフ練習場に行った事をきっかけにゴルフにのめりこむ(当時の将来の夢は、ポケモンのトレーナー)。松伏町立松伏小学校では、サッカークラブ、園芸委員会に所属。松伏町立松伏第二中学校では、ゴルフ部ではなく陸上部に所属した。これは、短距離走で足の筋力と体力を付けるため。幼いころから負けず嫌いだった。
2004年に全国小学校ゴルフ選手権横尾要カップで優勝。2005年関東中学校選手権、全国中学校選手権大会・春季大会を優勝するなど、全国規模の大会で常に上位を争うレベルにあった。
高校生となった2007年に行われたマンシングウェアオープン KSBカップで、日本のプロゴルフ大会においての史上最年少優勝を達成。男子ツアーでのアマチュア優勝は「中四国オープン」で優勝した1980年、倉本昌弘以来で史上2人目。大会初日が暴風のため中止となったため、最終日に2ラウンドが行われた。高校生でありながら36ホールを回っての逆転優勝(2日目終了時点で7打差の23位)であった。この優勝は世界最年少優勝記録(15歳245日)としてギネス・ワールド・レコーズに認定された。
同年7月に行われた世界ジュニア選手権に出場し個人23位。8月17日、霞ヶ関CCで行われた日本ジュニアゴルフ選手権 男子15歳〜17歳の部で大会史上最年少の15歳11ヶ月で初優勝。スコアは大会レコードタイとなる3日間通算9アンダーで204。直後のフジサンケイクラシックでは、2日目まで首位と3打差の6位だったが3日目でスコアを落とし、結局3日間通算1オーバーの214で15位に終わるがローアマチュア(出場アマチュア選手最上位)を獲得。東海クラシック、三井住友VISA太平洋マスターズでもローアマチュアを獲得する。また、マンシングウェアオープンKSBカップでの優勝により、その年のツアー優勝者に出場資格のあるゴルフ日本シリーズJTカップにアマチュアとして初めて出場した。この年はプロツアー8試合に参戦して5試合で予選を通過、4試合でローアマチュアを獲得する活躍を見せた。
2008年1月10日、記者会見を行いプロ転向を宣言。16歳3ヵ月24日の史上最年少のJGTOツアープロとなる。また、2009年末までシード権を保有していることから、同時に史上最年少のシード選手となった。JPGAのプロゴルファー資格は2008年4月1日に取得。

2008年1月25日にはヨネックスと5年間総額10億円の用具総合使用契約(ボール以外のクラブ、ウェアなど)を結んだ。ヨネックスと契約をしたのは、石川が10歳のとき実父とヨネックス本社に赴き、用具提供の支援の依頼をし、それをヨネックスが快諾したという関係からとされる。ヨネックスの他に、所属契約をパナソニックと、移動サポートをANA、サングラスを山本光学などとも契約した。その他、4月1日からトヨタと2年契約、コカ・コーラと5年契約、NTTドコモと3年契約を交わした。
プロデビューは2008年2月5日に行われたオーストラリアのシドニーで行われた全英オープン予選会で4オーバー(1日制、36ホール)の41位。国内ツアーデビューは2008年4月の東建ホームメイトカップで2日目、3日目に首位に立ったが、最終的に5位Tであった。

〜引用終了

◆今日の誕生日の有名人◆

王 貞治【野球】   1940年5月20日
光浦 靖子【タレント】1971年5月20日


◆今日の一品◆

USB接続で、空気清浄ぴかぴか(新しい)




<定価:2000円 → 980円!!
●コンピュータのUSBポートに接続、外接電源が必要ありません●USBポートがある全ての電子機器に対応●マイナスイオンを発生させパソコンの周りの空気をきれいにします●空気中の粉塵や細菌、タバコの煙、ペットのにおいなどに効果的です




posted by あらもーど at 06:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月19日

★白井義男★安藤政信★ダイエット

☆5月19日☆

◆今日は何の日?◆


白井義男が日本人初のフライ級チャンピョンになる
(1952)


白井義男
20060802224812[1].jpg

引用開始〜
白井 義男(しらい よしお、1923年11月23日 - 2003年12月26日)は、東京都荒川区出身の元プロボクサーで、元世界フライ級王者。日本人として初めての世界王者である。右ボクサータイプ。

経歴:
白井は、小学6年生時の夜祭りの余興で行ったカンガルーとのボクシングに負けて以後、ボクシングにのめり込んだという。プロデビューは戦時下の1943年。8戦全勝の成績を残すが、招集されて海軍に従軍し、整備士として終戦を迎える。復員後、ボクシング界へ復帰したものの、海軍時代に特攻機を整備した際の労災により、腰痛となり、引退寸前に陥る。そのころジムに出入りしていたGHQ職員の生物学者アルビン・R・カーンに見出され、全面的な支援の元に、その素質を開花させていくことになる。
カーンの指導の下、栄養豊かな食事を与え健康管理を徹底し、長い手足と運動神経を活かした防御主体のよりテクニカルなスタイルに矯正したことにより息を吹き返した白井は、その後試合を重ね、1952年、ダド・マリノ(アメリカ)との世界タイトルマッチに勝利し王座を獲得。以後4度の防衛を果たすこととなった。
敗戦に打ちひしがれた日本人にとって、白井の活躍は"希望の光"であり、その功績は計り知れない。

主な戦績:
・1943年11月 プロデビュー。8戦全勝の成績を残すが、1944年海軍に
召集。1945年復員。
・1946年8月 ノンタイトル6回戦に判定勝ちし現役復帰。
・1948年7月30日 石森信之に2回KO勝ち。カーンと組んでから初試合・
初勝利を果たした。
・1949年1月28日 日本フライ級王座に挑戦。花田陽一郎に5回KO勝ちし
王座獲得。以後3度防衛。
・1949年12月15日 日本バンタム級王座に挑戦。堀口宏に10回判定勝ちし
王座獲得。フライ級と合わせ2王座を同時保有。以後2度防衛。
・1951年5月21日 ノンタイトル10回戦。現役世界王者、ダド・マリノ
に判定負け。
・1951年12月4日 ノンタイトル10回戦。ダド・マリノに今度は7回
TKO勝ち。
・1952年5月19日 世界フライ級王座に挑戦。ここまで1勝1敗の王者、
マリノに15回判定勝ちし王座獲得。以後4度防衛を果たす。
・1952年11月15日 世界王座初防衛戦。マリノとのリターンマッチに
15回判定勝ちし決着をつける。
・1954年11月26日 パスカル・ペレス(アルゼンチン)に15回判定
負けし王座陥落。
・1955年5月30日 世界王座再挑戦。ペレスとのリターンマッチに
5回KOで敗れ、現役引退。なお、この試合の中継は、最高視聴率96%を
記録する。
この数字は、2008年1月現在のテレビ放送視聴率の中で最高である。

〜引用終了

◆今日の誕生日の有名人◆

安藤 政信【俳優】   1975年5月19日
神木 隆之助【タレント】1993年5月17日


◆今日の一品◆

ダイエット!どんっ(衝撃)



<定価:8000円 → 2980円!!
カロリーカットに特化した、ダイエットサポートサプリメントです。




posted by あらもーど at 06:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。