2008年06月05日

★モンゴルフィエ兄弟★ガッツ石松★ヘルシーダイエット

☆6月5日☆

◆今日は何の日?◆


熱気球実験にモンゴルフィエ兄弟が成功
(1783)


モンゴルフィエ兄弟
250px-Jacques_%C3%89tienne_Montgolfier[1].jpg


引用開始〜
兄弟は、フランスのリヨンの南方の町アノネーで製紙業者の息子に生まれた。幼い頃から紙に親しんでいた彼らは、焚き火をした際に発生する煙を紙袋に溜めると、紙袋が浮かび上がることに気がついた。彼らは袋を大型にすれば、人も浮かび上がることができるのではないかと考えるようになった。
1782年頃から、兄弟は絹や麻布を材料にして、室内テストを行うようになった。やがて屋外テストも行い始め、1782年12月14日には18uの絹製の袋を高度250mまで上昇させることに成功した。当初は実験で使われた袋が農村に飛ばされ、おばけが落ちてきた、と村人たちの間で大騒ぎになったりもした。
1783年6月5日、彼らはアノネーでリンネル製の袋を使って最初の公開飛行を行った。袋は1600-2000mまで上昇し、2Kmの距離を約10分に渡って滞空した。当時は暖められた空気が袋を上昇させることがわかっておらず、兄弟は物を燃やした煙の中に上昇させる成分が含まれていると考えた。そのため、煙は「モンゴルフィエのガス」と呼ばれた。現在、この6月5日は、熱気球の日とされている。
兄弟の実験は当時のフランス王ルイ16世の興味を引き、1783年9月19日、王の眼前で実験が行われることとなった。この時、兄弟は王から有人飛行の許可をもらうために、ヒツジ、アヒル、ニワトリを気球に吊り下げた籠に入れた。動物たちが生きていれば、上空でも酸素が無くならないとわかるからである。実験は成功し、二人はルイ16世から勲章を与えられた。

1783年11月21日、最初の有人飛行が行われた。ただし、兄弟は気球に乗らず、ピラトール・ド・ロジェとフランソワ・ダルランド侯爵が飛行した。二人を乗せた気球は100mまで上昇し、パリ上空の9Kmの距離を25分間に渡って飛行した。その後、どちらかは不明だが、兄弟の一方が飛行したという。
しかし、この10日後に、フランス科学院のジャック・シャルルが水素気球による有人飛行に成功した。水素気球は熱気球に比べて効率的だったため、間もなく取って代わられた。
1960年代にレイブン・インダストリーズ(Raven Industries)が、ナイロン製でバーナーの燃料にプロパンガスを利用するより安全な気球を開発すると、モンゴルフィエ式の熱気球が見直されるようになった。

〜引用終了

◆今日の誕生日の有名人◆

ガッツ石松【ボクシング】      1949年6月5日
高樹 千佳子【キャスター】     1979年6月5日


◆今日の一品◆

ヘルシー・ダイエット!どんっ(衝撃)


<定価:13000円 → 2980円!!
コレウス黒酢にガルシニア、クロム、キトサン、唐辛子エキスを配合した健康食品です。ダイエットに役立つウエストスピードメジャーとダイエットおたすけマニュアル付きです。




posted by あらもーど at 06:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。